債務整理をするとブラックリストに載るとは

ブラックリストとは?

 

「ブラックリスト」というと、借りたお金を返さない要注意人物のリストがあり、消費者金融やクレジット会社がお金を貸す時やクレジットカードを作る時に、貸金業者等が共有しているブラックリストをチェックして、そのリストに載っているとお金を貸さない、カードを作ってもらえないというイメージです。

 

ブラックリストは個人情報

 

しかし、実際には要注意人物リスト「ブラックリスト」があるわけではなく、貸金業者、信販会社、銀行やカード会社が加盟する信用情報機関のデータベース(個人信用情報)に、返済が延滞した、自己破産・任意整理・個人再生などの債務整理を行ったという情報を事故情報として登録します。

 

貸金業者等は、貸付やカード発行の際に信用情報機関の心情除法を確認し、事故情報があれば貸付を行わない、カードを発行しないということになります。

 

今持っているクレジットカードも更新の時期とか、あるタイミングで使えなくなる可能性もあります。

 

このように、信用情報機関の個人信用情報の該当する項目に、事故情報として登録されることを「ブラックリストに載った」といわれています。

 

 

債務整理のブラックリストと信用情報

 

返済する能力がある事を前提にして借入れ、つまり借金をすることができます。
借り入れの金額が大きくなれば担保として一定の資産を担保提供されることを要求されますが、基本は個人の信用、信用情報です。

 

返済がままならなくなって債務整理、という事にでもなればブラックリスト入りは避けられません。
ブラックリストに入ったという事は、信用情報に事故情報として登録が加えられるため、その後は借入が難しくなるのです。

 

しかし、いつまでも借入が行えない、ということもありません。

 

ブラックリストは、どの債務整理を行ったかにより期間の違いがあるものの、5年から10年が大体の目安です。

 

それ以降だと、ブラックリストだという事が信用情報から抹消され、借入も行えるようになるでしょう。
しっかり仕事をしていて、ある程度の安定した収入があると、借り入れ、カードの新規作成率もアップするでしょう。

 

また、社内ブラックリストに関しては話が別で、一度でも債務整理で関わった貸金業者で再度借入れを行うのは難しいです。

 

自分の信用情報がブラックリストかどうかは、金融会社には筒抜けです。
業界全体で信用情報機関の信用情報を共有しているため、必然的に債務整理によるデメリットは避けられません。

 

ちなみに信用情報を扱っているのは一箇所のみではなく、幾つか存在します。

 

それぞれ基準が異なるため、どこかの信用情報機関にはブラックリストに載っているけど、別のどこかでは載っていないという事が起こり得ます。
たとえば任意整理という事実に対して、JICCでは事故と表記されますが、CICや全農協では登録すらされません。

 

 

3つの信用情報機関があります

 

個人信用情報機関として、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)があり、貸金業者等は1つまたは複数の信用情報機関に参加しています。

 

JICCは、主に消費者金融、CICは、クレジットカード系・信販会社系、KSCは、銀行・信用金庫・銀行系列のカード会社のカード会社や金融業者が加盟しています。

 

登録情報(ブラックリスト)として信用情報機関に登録される期間

 

ブラックリストとして登録情報に登録される期間は、弁済遅延の場だと1年〜5年と比較的短い期間ですが、債務整理の場合は5〜10年という長期間掲載されることになります。

 

その間は基本的には借り入れ、クレジットカードの使用・作成ができなくなります。

 

債務整理である自己破産、任意整理や個人再生の各個人情報登録期間や記録される内容

 

債務整理である自己破産、個人再生の申立、任意整理による和解交渉をした場合も、ブラックリスト(個人信用情報)に、債務整理があったという事実が記録され、その間は、新たな借り入れ等はできません。

 

各信用情報機関によって、登録期間や債務整理の種類によって登録されるもの・されないものがあります。

 

自己破産については、JICC・CICは5年・KSCは10年、個人再生については、JICCは5年・KSCは10年、CICは掲載されません。

 

また任意整理については、JICCは5年、CIC、KSCは載りませんが、KSCの場合、銀行が保証会社から代位弁済を受けて「代位弁済」としてブラックリストに載ります。

 

自分の信用情報がブラックがどうか確認

各信用情報機関に対し、自分の信用情報がどうなっているか、ブラックになっているかを確認することができます。
その方法は、各信用情報機関に対し、情報開示の請求することです。

 

JICCへの情報開示請求URL
http://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/index.html

 

CICへの情報開示請求URL
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

 

KSCへの情報開示請求URL
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/index.html#contents1

 

もし信用情報に誤りがあれば、信用情報機関に調査依頼をし、登録した貸金業者等に修正・削除してもらえます。
いわゆるブラックリストの修正・削除は、登録した貸金業者でないと絶対できません。

 

信用情報機関・貸金業者の代理店と名乗るところから「手数料(お金)を出せば削除しますよ」というような話は、すべて詐欺で、金銭で債務整理の事故情報を削除してくれることは決してありません。