債務整理後 クレジットカード

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

債務整理をしたいが、債務整理後にクレジットカードは使えるのだろうか?
なにかデメリットがあるのだろうか?と心配で債務整理を躊躇していませんか?

 

クレジットカードを利用しての、ショッピング、キャッシングは、現金と買うのとは違いますが、後払いでお金を返済するので、やはり借金となります。

 

借金である以上、借金を延滞し全額を返済しないのですから、債務整理したクレジットカードは使用できなくなるのは当然です。
では、任意整理(※)をした場合、任意整理をしなかったクレジットカード会社のクレジットカードは引き続き使用できるのでしょうか。

 

(※)任意整理は、弁護士・司法書士がクレジットカード会社と裁判所を利用せずに話し合いをし、借金を減額しての分割払いの交渉をするする手続で、自己破産・個人再生のようにすべてのクレジットカード会社(その他の貸金業者も含む)の債務を整理するのではなく、連帯保証人がついているクレジットカード会社を除くなど、債務を整理するクレジットカード会社を選んで交渉することができます。

 

このページでは、

 

1.債務整理後はなぜクレジットカードが使えなくなるのか
2.いつから使えるようになるのか
3.使えない間はどうすればいいのか

 

についてご紹介します。

 

債務整理後はなぜクレジットカードが使えなくなるのか

 

債務整理をした時の最大のデメリットは、クレジットカードの使用、新規の作成ができなくなることです。

 

なぜ使用や、新規のカード申込みができなくなるのでしょうか。

 

信用情報機関に登録されるため

 

あなたが、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産など)をすると、クレジットカード会社が1社または複数社に加盟する信用情報機関に、債務者が債務整理をしたことを事故情報として登録します。

 

よく言われる「ブラックリスト」に載った状態になります。

 

クレジットカードの申込みを受けたクレジットカード会社は、申込みの際に信用情報機関の事故情報を確認しますので、債務整理をしたという情報があると、貸付やカードの新規作成はできないことになります。

 

自己破産・個人再生の場合

 

自己破産・個人再生の場合は、裁判所で行う手続で、クレジットカード会社を含むすべての貸金業者に債務整理をしていることを通知し、債務整理の事実が知られるので、クレジットカードはすぐに使えなくなります。

 

任意整理の場合

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

任意整理は、裁判外で行う手続で、通常弁護士・司法書士が代理人となり、借金の利息の引き直し計算による減額・利息のカット、過払い金の有無の確認、返済を分割払いにしてもらう交渉をし、話し合いで解決を試みる債務整理の方法です。

 

連帯保証人がついている借金・カーローン・住宅ローン・奨学金・任意整理しても額があまり減らない借金などは任意整理からはずして、なるだけ保証人などの他人に迷惑をかけないようにし、かつ、債務整理の効果が大きい借金だけをチョイスして債務整理することができます。

 

そのため、債務整理(任意整理)をするクレジット会社は、弁護士・司法書士より任意整理を受任したという通知を送りますので、その会社のクレジットカードは使用できなくなりますが、任意整理をしないクレジットカード会社は、クレジットカードの更新期限時の与信チェック、不定期のチェックで、信用情報機関を確認しないと債務整理をしていることがわからないので、そのときまではクレジットカードが使える場合があります。

 

いつから使えるようになるのか

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

クレジットカードは、信用情報機関に債務整理の事故情報が登録されている間は、使用・新規申込みはできませんが、その登録期間は各信用情報機関により違います。

 

信用情報機関は、クレジットカード会社が多く加盟しているCIC(株式会社シー・アイ・シー)、信販会社が多く加盟しているJICC(株式会社日本信用情報機構)、銀行関係のKSC(全国銀行個人信用情報センター)があります。

 

登録される期間は、

 

自己破産:CIC、JICC については5年、KSC は10年
個人再生:CICは載らない、JICCは5年、KSCは10年
任意整理:CICは載らない、JICCは5年、KSCは載らない。

 

となります。

 

上記期間中は債務整理した履歴を登録しているので、その間はクレジットカードの申込み、使用はできません。

 

債務整理の事実が「載らない」場合でも、延滞情報・代位弁済情報(KSCのみ)は5年間登録されており、この情報も、もちろん与信調査の対象となります。

 

また、各貸金業者はCRINというネットワークで相互参照できるので、クレジットカード会社が加盟していない信用情報機関の債務整理でも発覚することもあります。

 

したがって、債務整理後、信用情報機関に登録されている期間5〜10年は、クレジットカードの使用・新規申込みができないということです。

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

個人信用情報を確認する

 

信用情報機関に事故情報が登録されているか、すでに抹消されているかを確認するには、各信用情報機関に個人信用情報の開示請求をすることができます。

 

債務整理後にクレジットカードの申込みをする際には、必ず信用情報機関の個人信用情報を確認してからするようにしましょう。

 

また、個人信用情報の削除・訂正は、登録したクレジットカード会社しかできません。

 

したがって、有料で登録情報を削除・訂正しますよというのは詐欺なので、注意してください。

 

 

使えない間はどうすればいいのか

 

債務整理後から信用情報機関から抹消されるまでの期間は、クレジットカードの使用・新規申込みはできなくなります。

 

強制的に?借金をすることができない時期ができるので、借金のない普通の生活に戻れるチャンスです。
しっかりと借金を返済し、新たな生活をスタートしてください。

 

とはいっても、公共料金や、携帯電話の支払い、ネットショッピングなどの支払にクレジットカードが使えないのはやっぱり不便なので、どうしてもカードを利用したい時は、デビットカードを使う方法があります。

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

デビットカードは、クレジットカードと違って、キャッシング機能はありませんので、申込時に与信調査がないので、誰でも持つことができます。

 

デビットカードは、基本的に自分の銀行口座の残高の範囲で即時決済するサービスなので、預金残高があればデビットカードを利用できるというわけです。

 

デビットカードは、ネットショッピングなど基本的に1回払いでの決済ができる支払に使用することができます。

 

なので、月払いの支払いができないことが多かったのですが、デビットカードが認知されてきたので、携帯電話・電気・ガス・水道・プロバイダー料金・NHKの受信料などの月払いの継続的な支払いでも利用可能なカードも出てきました。

 

今のところ、ガソリンスタンドでの支払や、ETCを利用した高速料金の支払いは対応していません。

 

ETCの決済は、ETCパーソナルカードで

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?

 

ETCの決済は、デビットカードは使えませんが、ETCパーソナルカードで利用することができるので、高速道路を頻繁に使う職業の場合は便利です。

 

ETCパーソナルカードは、一定の預託金を預けて、クレジットカードと同じような使い方ができます。

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?のまとめ

 

  • 債務整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されるので、債務整理後はクレジットカードの使用・新規申込みができなくなる。
  • 債務整理後、クレジットカードの使えなくなる期間は5〜10年
  • クレジットカードの申込みをする時は、必ず信用情報機関の個人信用情報を確認すること
  • クレジットカードが使えるようになるまでは、デビットカードやETCパーソナルカードを利用する

 

なお、家族が契約しているクレジットカードの家族カードは、使えます。

 

が、今回のように債務整理をするようになった身ではよほどのことがない限り、家族カードの使用は控えるべきです。

 

家族カードの使用については、カードを作った家族が全責任を負うことになるからです。

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのはデメリット?