任意整理 費用

債務整理(任意整理)にかかる費用の相場

 

債務整理の方法のひとつである任意整理の費用の相場に関することをご説明します。

 

任意整理をする意味

 

任意整理をすれば、少なからず借金の返済が楽になるでしょう。
もし利息制限法による引き直し計算をして残元金が少なくなったり、過払いとなったりする可能性もありますし、最低でも将来利息が無くなりますから、返済を続けても元金が一向に減らないという現象が起こらなくなります

 

3〜5年で完済する

 

任意整理は、自己破産のように借金の全てをないものにする手続ではありません。

 

任意整理をすると、貸金業者等と和解契約した内容に添って、原則3年で分割払いをしていくことになるので、その間しっかり返済できるだけの資力と、完済するという意思を持たなくてはなりません。

 

3年すれば完済するという目標があるので、達成できるはずです。

 

債務整理(任意整理)の交渉を自分できるか

 

任意整理は、裁判外で消費者金融やクレジット会社と、借金を減額してもらう交渉をすることになります。

 

債務者本人が自分で貸金業者等(消費者金融やクレジット会社など)と交渉することはもちろん可能ですが、借金を負担している債務者本人が、債権者を相手に話し合いに応じるよう交渉しても、裁判外の交渉なので、「なに言ってんの?」とまず取り合ってもらえない確率が高いです。

 

債務整理(任意整理)を専門家(弁護士・認定司法書士)に依頼する

 

債務者(本人)と債権者(貸金業者等)とが直接交渉して行うものではありますが、その性質上どうしても法律に詳しい専門家の力が不可欠です。

 

債務整理の交渉を専門家である弁護士・司法書士に委任すると、費用はかかりますが、自分で交渉するよりか、成功率も時間も省略できるので、お勧めします。

 

任意整理できるのは良いけど費用が高くて結局損をしたら嫌だな、と考えている方は、まずそのメリットと、相場をチェックしてみると良いでしょう。

 

債務整理(任意整理)を専門家(弁護士・認定司法書士)に依頼するメリット

 

借金の取り立て・催促が止まる

 

専門家である弁護士・認定司法書士に債務整理(任意整理)を依頼する一番のメリットは、依頼を受けた専門家から任意整理の代理人になったという「受任通知」を貸金業者等に送ると、それ以降任意整理の完了まで貸金業者等は、債務者本人に対し直接の取り立てや催促をすることができなくなり、「受任通知」を受け取った後は、弁護士・認定司法書士が本人に代わって貸金業者等と交渉することになります。

 

上記のことにより、債務者本人は、貸金業者等と直接交渉が必要なくなり、弁護士・認定司法書士が返済交渉をすべてやってくれます。

 

仕事で貸金業者等とのやりとりや交渉の時間がとれない、交渉は苦手だという方は頼んだ方がいいですね。

 

また、任意整理をお願いしますと相談したとしても、弁護士や司法書士が債務者本人の事情を詳しく聞いて、任意整理以外の他の債務整理の方法である自己破産、個人再生、特定調停のほうがいいなどと、最適な方法をアドバイスしてもらうこともできます。

 

債務整理(任意整理)を専門家(弁護士・司法書士)に代理人として依頼するときの注意点

 

弁護士は、任意整理に限らず、すべての債務整理、過払金返還請求の代理人となれます。

 

司法書士についてですが、任意整理による代理人として債権者と交渉、交渉後の和解書の作成をできるのは、法務省の認可をうけた「認定司法書士」です。
このページでいう司法書士とは、この認定司法書士のことです。

 

その司法書士に任意整理を依頼する時の注意点として、認定司法書士が債務者本人を代理して貸金業者等と交渉できるのは、借金の額が1件140万円以下の場合ということです。

 

司法書士・弁護士とも債務整理(任意整理)を専門としている事務所でしたら、貸金業者等との交渉の巧拙にそんなに差はありませんが、借金の額が1件140万円を超えると弁護士しか代理人になれないので注意してください。

 

140万円以下でしたら、司法書士・弁護士のどちらに依頼してもかまいませんので、費用の安い事務所、債務者本人と相性のいい事務所に依頼できます

 

債務整理(任意整理)の費用

 

弁護士も司法書士も費用は、なにも相談者の足元を見て決定している訳ではありません。

 

特に任意整理の場合、しっかり相場と呼べる指標が存在するので事前に把握しておくだけで安心感が段違いです。
そして、もし想定していたよりも高かったとして支払いに困るような事は通常ありません。

 

なにしろ借金の返済が今までより確実に楽になる訳ですから、その分を支払いに充てられるでしょう。

 

債務整理(任意整理)を専門家に依頼した場合の費用の上限

 

任意整理(過払い請求を含む)の費用の規制については、弁護士・司法書士の上位機関である弁護士連合会・司法書士連合会が、費用の上限を定めたガイドラインを出しています

 

弁護士の報酬は、

 

任意整理の場合、

 

着手金の上限なし
解決報酬金:1社あたり上限2万円、商工ローンは5万円
減額報酬金:減額分の10%

 

過払い金請求の場合、

 

回収額の20%、裁判による場合は回収額の25%

 

としてます。

 

着手金の上限規定はないので、別途着手金として0円〜4万円ぐらい必要な事務所もあります。

 

 

司法書士の報酬は、

 

任意整理の場合、

 

定額報酬金:1社5万円
減額報酬金:減額分の10%(引き直し計算による減額は含まない)

 

過払い金請求の場合、

 

回収額の20%、裁判による場合は回収額の25%

 

となっています。

 

 

任意整理の報酬例

 

3社300万円の借金が、合計150万円に減額され、裁判しないで50万円の過払いがあった場合の例

 

弁護士 33万+実費

 

 着手金:4万円
 解決報酬金:1社あたり上限2万円×3社=6万
 減額報酬金:減額分の10%=150万×10%=15万
 過払い金:回収額の20%==50万×10%=10万

 

司法書士 40万+実費

 

 定額報酬金:1社5万円=3社=15万
 減額報酬金:減額分の10%=150万×10%=15万
 過払い金請求:回収額の20%=50万×20%=10万

 

弁護士は、着手金なしの所もあります。
司法書士(法務事務所)の定額報酬は、19000円から、減額報酬を請求しない事務所もあります。

 

債務整理(任意整理)を専門家(司法書士・弁護士)に依頼したときの費用の目安

 

気になる任意整理の費用の目安というか相場についてですが、司法書士も弁護士も、借金の額に左右されない費用(定額報酬金・着手金など)の大体の目安としては、1件あたり3万円から4万円の範囲で決定されるようですね。

 

任意整理は債務一件ごとに交渉していくため、その数が増えれば増える分だけ費用がかかる事になります。

 

しかし、結果的に見れば件数が増えた分だけ利息が無くなるので、気に入った事務所が平均相場より高いとしても、思ったほどの負担にはならないのです。

 

債務整理(任意整理)を専門家(司法書士・弁護士)に依頼したときの費用

 

また、債務整理(任意整理)の費用の支払についてですが、債務整理を専門とする弁護士事務所や司法書士事務所も、事務所経営のために無料でというわけにはいかず、費用は必ず発生するのですが、かといって、借金の返済に困って返済するお金がないけどそれでも無理をして依頼していることは十分理解しているので、借金の返済の負担にならないように、費用を分割払いでの支払としてくれる事務所がほとんどです。

 

対応例としては、任意整理の受任後、弁護士・司法書士の費用を3〜4回に分割して支払いを完了した後、和解契約した貸金業者等の借金の分割払いが開始するよう調整するという方法で対応してくれます。