債務整理 相談 家族に内緒

 

家族に内緒にして債務整理を行うことは可能でしょうかという相談はかなりあります。

 

家族に内緒でカードローンで金額の大きい買い物をしてしまった、結婚前に消費者金融に借金があり返済に困っている、会社にリストラされたことを言い出せず、消費者金融でお金を借りて家に入れることを繰り返し自転車操業になったことを妻に言い出せない、など理由は様々です。

 

家族に内緒で債務整理はできるのか?

 

債務整理相談

 

家族に知られるケースとしては、官報を見られる、貸金業者に給料などを差し押さえられたり、訴えられたりして裁判所より訴状・差し押さえ滅入れなどが自宅に届く、借金の連帯保証人に請求が行き家族に知られる、などがあります。

 

債務整理の各ケースについてみてみると

 

債務整理相談

 

基本的に債務整理を家族に内緒で100%行うことは不可能です。
自己破産・個人再生・任意整理のいずれの場合でも家族に内緒で行っていても、知られる可能性はあるということです。

 

まず、債務整理のうち、自己破産・個人再生についてですが、手続をすると官報に掲載されます。
官報は官報販売所で売られたり、ネットでも見ることはできますが、これを購読しているのは貸金業者・銀行などの関係業者で、一般の方が目にすることはないので、官報からは家族に知られることはほとんどないでしょう。

 

また、債務整理を弁護士・司法書士に相談、依頼すれば、裁判所からの書類は基本的に弁護士・司法書士事務所に届くので、家族に内緒にできる確率は高いです。

 

しかし、自己破産では、自宅や車が処分されるので家族に内緒でというわけにはいかない場合がありますし、個人再生では、家族の協力がないと入手できない書類があります。

 

収入を証明する源泉徴収票・給与明細・所得証明書などが必要となってきますので、家族に秘密でというわけにはいかないケースが多いです。

 

では任意整理は?

 

債務整理相談

 

残る債務整理の方法として、任意整理という方法があります。

 

債務整理として、弁護士・司法書士に相談するのは自己破産・個人再生と変わりませんが、任意整理は、裁判所で手続きするのではなく、弁護士・司法書士が直接貸金業者と交渉して、元金・利息などの減額の交渉をしますので、弁護士・司法書士に受任通知を貸金業者に出してもらえば、自宅への督促や、取り立ての電話などがストップします。

 

受任通知後は貸金業者との交渉は弁護士・司法書士が行いますし、貸金業者からの文書も弁護士・司法書士事務所に送ってもらうようにすることもできます。

 

任意整理は、債務整理する借金を選んで交渉することができるので、連帯保証人がついている借金は除外して交渉することができます。

 

また、任意整理は裁判外の手続なので、官報に掲載されることもありません。

 

以上のことから、家族に内緒で生活の立て直しを図る方法は、任意整理しかないかもしれません。

 

まずは無料相談

 

まずは、弁護士・司法書士事務所で無料相談を受けてみましょう。

 

 

債務整理を専門とする弁護士・司法書士事務所でしたら、家族にも知られないで手続をする方法についてノウハウがあるので、相談する際に、任意整理で借金問題を解決できないか、家族に内緒で債務整理を行いたいということをはっきり伝えてください。

 

債務整理の相談を家族に内緒でできるかについてまとめ

 

債務整理相談

 

債務整理をする場合、できれば家族に内緒にしたいと思うのは誰もが考えることです。

 

全く知られずに借金整理したいなら、手続き方法をしっかり検討して、信頼できる法律事務所(弁護士)・法務事務所(司法書士)を利用する必要があります。

 

 

家族に内緒で債務整理をしたいなら、任意整理の方法を利用すると良いでしょう。

 

この方法が家族に内緒で債務整理できる最も可能性が高い方法になります。

 

 

弁護士・司法書士が債権者への対応窓口になり、債権者からの郵便物は、専門家の事務所に届くようにすれば、自宅に届くことがないので安心です。

 

任意整理は、家族に知られずに債務整理できる可能性が高く、弁護士が債権者と交渉して手続きを進めてくれますし、手続きは比較的短期間で終わるので、家族に知られる可能性は少ないでしょう。

 

ただし、弁護士とのやりとりは必要なので、家族に内緒にしたいなら、連絡先は自分の携帯電話にしてもらうことです。

 

また、郵便物は個人名で送ってもらうようお願いしておくことも大事です。

 

 

個人再生や自己破産の場合、任意整理と違って裁判所に提出する資料が必要で、その中には家族でないと用意できないものがあります。

 

そうなると家族に秘密で手続きするのは難しいです。

 

債務整理をする場合、手続き方法により、家族に内緒で進めやすいか、そうでない場合があるので注意が必要です。

 

借金減免効果と共に、色々と検討しながら、最善の方法を考えていきましょう。